紫外線 対策 情報

スポンサードリンク






スポンサードリンク

【紫外線 対策 情報】「日焼け」と「ビタミンC」

紫外線 対策 情報

「紫外線(UV)対策」として、その「予防」も大切なことですが、それと同じくらい、日焼けをしてしまった場合のその後の対策も重要になります。

「日焼け」というのは、「やけど」と同じものですから、とにかくそれ以上、紫外線(UV)を浴びないようにし、濡らしたタオルなどで冷やします。
日焼けの治療としては、「副腎皮質ホルモン軟膏」を薄く塗ることも炎症を抑えるために効果があります。また、「ビタミンC」を服用することも、色素沈着を防ぐのに効果があるといわれています。

日常的にサプリメントなどでビタミンCを摂取するよう心がけている人ももいらっしゃるかと思います。ただ、栄養はやはり「食べ物」から、ということを基本に考えたいものです。そのうえで、どうしても不足してしまいそうな場合には、それを補うためにサプリなどを用いる、というようにするのがよいでしょう。

ビタミンCを多く含む食品としては、芽キャベツ、ブロッコリー、ピーマンや菜の花が上位を占めます。果物のイチゴや甘柿などもビタミンCが豊富な食べ物です。
意識的にこのような野菜や果物を多くとるよう心掛けましょう。

また、ストレスがかかると、ビタミンCを多く消費するといわれます。
ストレスにより、副腎皮質ホルモンの分泌が高まり、そのためビタミンCが多く消費されるのです。

ストレスがたまらないように、心身ともにゆったりと構え、新鮮な野菜や果物を、おいしくいただきたいものです。
生野菜だけだとあまり量をとることができません。調理の仕方を工夫して、上手においしくビタミンCをとりましょう。


posted by 紫外線対策情報管理人 at 21:49 | 日焼け止め

【紫外線 対策 情報】 「目」の紫外線対策

紫外線 対策 情報

「紫外線(UV)対策」というと、肌(特に顔)を紫外線から防御することと考えがちです。

しかし、忘れてはいけません。
あなたの「目」も紫外線(UV)を浴びているんです。

紫外線(UV)から「目」を守るためには、サングラスをかけることが必要でしょう。また最近では、視力矯正用のメガネでも紫外線防御の効果があるレンズを使用したものがあるようです。

「瞳孔(どうこう)」というのは、暗いところで開く性質があります。そのため、あまり色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が開きやすくなってしまい、逆に紫外線(UV)が入ってきやすくなってしまいます。
ですので、「紫外線(UV)対策」のためとしては、色のあまり濃くない淡色のものをかけたほうがよいのです。
淡色のレンズなら、視界も良いですから、日陰を歩いたりする場合でも足元が暗くなって危ないということもあまりないと思います。なおかつ、瞳孔が狭くなるので紫外線(UV)対策としてもバッチリでしょう。

また、他に目の紫外線(UV)対策用としてサングラスを選ぶときに注意したい点は、目じりまで覆えるようなワイドレンズのものを選ぶということです。
顔とレンズの隙間から入りこんでくる紫外線(UV)までしっかり防いでくれるものがいいと思います。

ウォーキングなどをなさっていらっしゃる方は、ツバの長めの帽子をかぶって、長袖のシャツを着て、そして手袋をして、さらにサングラスをかけて・・・と、結構大変かもしれませんが、紫外線(UV)は、白内障の原因の一つとも言われていますので、目をしっかりとガードして出かけるようにしましょう。


 

posted by 紫外線対策情報管理人 at 18:03 | 紫外線対策
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。